2021年 10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日
定休日
2021年 11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
定休日


 
 
 
 
 
 


 
前の商品 次の商品
 
ABC Hobby 66096 トヨタスープラ A70
 
ABC Hobby 66096 トヨタスープラ A70

  この商品についての問い合わせする
商品コード : 4958489660962
メーカー希望小売価格 : 4,730
価格 : 4,257円(税込)
ポイント : 42
数量    売り切れ
 
                           
再入荷のお知らせ
 
 

この商品は発送方法で
 宅急便中型以上をご指定ください。。

ボディーを仕上げるのに必要なお勧め品はこちらです


  01スーパーボディ:トヨタ・A70スープラ

専用電飾ライトカバー付属
未塗装の透明ボディーです

1980年代、トヨタ2000GT以来となる最高峰のGTカーとなるべく誕生した名車『A70スープラ』
後にさらにスポーツ性の高いキャラクターであるA80スープラへと進化していくも、
高級GTカーの雰囲気が強いA70には根強いファンが存在する。
ABCホビーから80年代国産GTカーの最高峰『A70スープラ』がツーリングカー用ボディとして待望のリリース!

高剛性と重量感を感じさせるA70スープラの迫力のあるへヴィ級ボディを最先端技術の3DCADでデジタル立体化!フロントマスクの掘り込みのディテールも見事に再現!またコンピューターグラフィックによるHD(ハイディフィニション)デカールは、ボディのディテールを繊細に描き込んでいます。

ボディには専用に設計された電飾ライトカバーが付属。リトラクタブルライトも付属の別パーツで再現可能です。別売りの電飾ライトユニットスペックIIでリアルな電飾ドレスアップが可能になっています。
ボンネットやドア周りのラインのモールドの再現には、
ボディコスメティック<彩飾>シリーズの極細ラインテープが、<彩色>シリーズの他の製品もボディメイクのフィニッシュワークをアシストします。

■01スーパーボディ:トヨタ・A70スープラ 詳細
・ボディ全長/Length:465mm
・ボディ全幅/Width:190mm
・ホイールベース/Wheelbase:260mm
・付属品 デカール、マスキングフィルム、専用電飾ライトカバー



トヨタ・A70スープラ(1986-1993)
1970年にデビューした国産初のスペシャリティカー『セリカ』そして1978年に登場したセリカの上級モデル『セリカXX』、これが後にスープラに派生する。
『A70スープラ』は、セリカXXの上位モデルとして開発されながらもあえてセリカの名を捨て過去の関連性を断ち、セリカXXの北米輸出名であるスープラをその名に冠した。そして北米市場を意識した大型スポーツクーペであり本格GTカーとしておよそ7年もの間トヨタのトップモデルとして君臨し続けた。
A70スープラの歴史は前期・中期・後期の三つに分類される。
前期は、ラグジュアリーなGTカーというキャラクターを担っていた。リトラクタブルヘッドライトを用いたシャープなフォルムとハッチバッククーペスタイルは独特の存在感と迫力のあるスタイリングを生み出し、当時のトヨタの技術の粋を集めたソアラと基本的なプラットフォームを同一とする事で、ソアラの高級なメカニズムとシャシー構造をそのまま受け継いだ。エンジンには2リッターのツインターボと3リッターのシングルターボモデルがあり、この3リッターモデルには『TOYOTA3000GT』のサブネームが与えられ、あたかも名車TOYOTA2000GTの再来を狙ったかのようであった。
ボディは5ナンバーに収まる標準ボディのみ。メインマーケットである北米向けはブリスターフェンダー付きワイドボディが用意されていた。だが国内でもその後すぐにエアロトップやワイドボディがラインナップに加わる事となる。
ラグジュアリーなGTカーとしての完成度を追求した前期と比較すると中期以降はスポーツ路線への急速な転換が見られ、後のA80スープラに続く方向性が見て取れる。
中期スープラは、限定500台のホモロゲーションモデル『3.0GTターボA』の存在が大きい。
グループAにターゲットを絞り、3リッターの7M-GTEU型ターボユニットに様々な手が加えられ当時の国産最強パワーである270psを発揮するまでにチューンされた。
またスープラはソフト志向のサスセッティングだったが、ハードなスプリングとダンパーが与えられLSDも標準装備となった。ここに来て一気に硬派なスポーツ路線へと転換したのだ。
後期モデルは、さらに大きな転機を迎える事となる。
新開発の2.5リッターツインターボ1JZ-GTEがトップモデルの『2.5GTツインターボR』に搭載され、前記した3.0GTターボAより排気量はダウンしながらもさらに10psアップした国内自主規制枠いっぱいの280psを発揮するようになった。
他にもサスペンションもスポーツ性を追及するセッティングが施され、ビルシュタインのダンパーを装備、レカロシートも標準装備とし国産最強のスポーツカーへとダイナミックに磨き上げられた。

強力なパワーソースを搭載したスープラは、当然のようにレースシーンでの活躍を期待された。
中期型の3.0GTターボAは1987年のグループAによる全日本ツーリングカー選手権で見事デビューウィンを飾った。
だが翌88年にはターボ係数の変更により大幅な最低重量の増加が課され大いに苦戦する事となり、
1990年にはR32スカイラインGT-Rの前に後塵を拝する事となる。
A70スープラはその資質の素晴らしさから高い戦闘力が期待されながらも、様々な要因が重なり時代の陰に隠れてしまった不遇の名車である。
だが、当時の技術の粋を集め、名車トヨタ2000GTの再来を謳っただけの事はあり、高いボディ剛性や凝ったメカニズム、当時最強のパワーユニットなど現在の目で見ても非常に高いポテンシャルを持っている。

   
 
 
 
 
   


ページトップへ