2017年 06月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
今日
定休日
2017年 07月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
定休日


 
カー用ジャイロについて
 近年カーモデルにもジャイロを搭載する事が多くなって来ました
 これは操作の難しい2WD車や 滑り良い路面
 またはオーバーパワーのマシンの操作の場合
 非常に効果的に 操作をし易くしてくれる装置です
 そこで 幾つか発売中のジャイロの比較を紹介いたします

YG-302.jpg  ヨコモ YG-302
 2chプロポでも使用出来るが、3ch以上の送信機があれば便利
 送信機からの感度調整が出来る
 サーボの動作範囲のリミットが左右別々に設定出来る
 一番後から出て来て特に変わった機能も無い
 フィーリングで勝負するかな?
 YD-2キットに付属しているのはコレです

 4,180円(税込)
RPG-302.jpg  ヨコモ RPG-302
 ケースが高級感あるアルミケースになっている以外は
 YG-302を同じ物

 5,054円(税込)
TGR-01.jpg  トップライン TGR-01
 3ch以上の送信機が必須
 送信機からの感度調整が出来る
 ロックモード(AVCSモード)が有る
 サーボの動作範囲のリミットが左右別々に設定出来る
 カウンターステアのスピードとレスポンスを10段階に設定可能

 4458円(税込)
DG-001.jpg  ミクニファクトリー DG-1
 3ch以上の送信機が必須
 デジタルサーボ専用機なのでアナログサーボは使用不可
 送信機から感度調整が出来る
 サーボの動作範囲のリミットが設定 左右別々に設定出来る
 ロックモード(AVCSモード)が有る
 カウンターステアのレスポンスを7段階に設定可能

 3456円(税込)
SGS01D.jpg  サンワ SGS-01D
 2ch送信機でも使用出来るが
 2chの場合には感度調整は本体で行う事になる
 また動作リミッターの設定が出来なくなる
 3ch以上の送信機を使えば送信機側から感度調整が出来る
 サンワ独自のSSR、SSL、CODE AUX システムなどに対応
 M12SやMT-S送信機を使うとCODE AUX機能が使えより細かい設定が出来る
 モーションコントロールなど多彩な機能があるが
 サンワの送信機ユーザーでないとこのメリットは無い
 2つの反応モード有り(ノーマルモード、アグレッッシブモード)
 サーボの動作範囲のリミットの設定はあるが左右同時に決まる
 ドリフトカー向け
 4212円(税込)
SGS01C.jpg  サンワ SGS-01C
 仕様はSGS-01Dとほぼ同じだが
 レースカーに特化したフィーリングのソフトウエアの設計で
 良く曲がる特性を持たせている

 5,184円(税込)
GYC440.jpg  フタバ GYC-440
 2ch送信機でも使用出来るが
 2chの場合には感度調整とモード切替えは本体で行う事になる
 3ch以上の送信機を使えば送信機側から感度調整とモード切替えが出来る
 ロックモード(AVCSモード)が有る
 サーボの動作範囲のリミットが設定出来る

 5,724円(税込)
G0053.jpg  Gフォース GC-301
 送信機の3ch目からの感度調整が出来る
 サーボの動作範囲のリミットが設定出来る
 プロポが2chの場合には感度調整は本体で行う事になる

 4,423円(税込)
pg03.jpg  GWS PG-03
 接続の仕方や設定が一番簡単なので
 初心者に優しいが便利な機能は何も無い
 感度調整は本体のトリマーで行い動作リミットの設定は出来ない
 現在の製品はSAVOXサーボでの動作を改良済み

 2592円(税込)


1,適合するプロポ
  2ch送信機でも使用出来るジャイロはフタバ、サンワ、GWS、Gフォース の4社
  3ch以上のプロポが必須となるのは TOPLINE、MIKUNI、

2,ジャイロの動作について
  ジャイロの感度とは車体の向きが勝手に変わった時に逆方向にステアリングを切り
  マシンの進方向を自動的に瞬時に操作してくれるもの
  ノーマルモードではカウンターステアを素早く切り その後元に戻る動作
  ロックモードとは切ったカウンターステアがマシンの方向が元に戻るまで切り続ける動作
  ヘリコプターではロックモードが主流ですが カーモデルでは ノーマルモードがお勧め

3,感度について
  感度が低いとジャイロが無いような状態になり
  感度が高すぎると過剰なカウンターステアのためにマシンが不安定になったり
  また逆方向にスピンしたりするので 適度に調整する必要がある
  送信機からの調整が出来るとセッティングが楽に行えます

4,動作範囲のリミットについて
  例えばステアリングを右に一杯に切っている時に路面の影響などによりマシンが左に振れた場合
  もうこれ以上切れないステアリングをさらにジャイロがサーボを右に動かそうとします
  その時にサーボに大きな負担が掛かり 破損する場合があり
  これを防ぐために動作幅の制限をする訳です
  しかし通常のステアリングの動作幅を少なめに設定する事でこの機能は無くても走行出来ます

5,サーボについて
  ジャイロの性能を100%発揮するには出来るだけデジタルサーボをお使いください
  またデジタルサーボしか使えない物も多いので事前に確認が必要
  アナログサーボが使える機種は フタバ、GWS TOPLINE など

   注意
  ジャイロを搭載すると サーボをジャイロが動かすために
  停止中のマシンのステアリング操作をすると 変な動きをしますがそれで問題ありません
  ジャイロはその性格上 搭載の方向が決まっています
  必ず説明書の通りに搭載してください
  また振動の影響を受けますので 専用の両面テープを使い搭載してください
  ロックモードの場合にはトリムは操作しない事
 

ページトップへ